建設現場からホワイトカラーの事務職へ転職

建設現場からホワイトカラーの事務職へ転職

 最初は建設現場でブルーカラーの仕事をしていました。毎日、作業服を着て腰袋を身に着けて作業していました。グループのリーダーになるなど建設現場でも経験を積んでいましたし、収入も安定していました。仕事の内容は好きでしたし、仕事仲間との関係も良好だったので、仕事には何の不満もありませんでした。もちろん一つの会社で経験を積み、安定した仕事や人生を送るのは立派なことですが、短い人生なので色々な仕事を経験してみたいとも思っていました。

 

 そこで全く業種の異なる会社に転職してみようと思いました。思い切って建設現場から完全に離れて、ホワイトカラーとして働ける事務職を中心に面接を受けました。最終的に生命保険会社で事務職として採用してもらえました。とてもきれいな環境の職場でしたし、女性の多い職場になったので、最初はなれないことばかりでした。全てが新しい分野だったので、一から謙虚に学ぶようにしました。

 

 ネクタイとスーツだけでも新鮮でしたし、満員電車や残業にもなれる必要がありました。また職場でのマナーや清潔さには特別に注意するようにしました。転職してから私の生活習慣や人生の価値観などが大きく変化しましたし、付き合う仲間も大きく変化しました。これから転職を考えておられるようなら、以前とは全く異なる業種の会社に転職するのもいいと思います。最初は慣れないかもしれませんが、新しい分野に挑戦することで人生がより豊かになると思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ