他分野での仕事も、ブランクも、転職の強みに変えていこう。

他分野での仕事も、ブランクも、転職の強みに変えていこう。

 転職の際には、これまでと同じ職種にこだわってしまったり、未経験だから、ブランクがあるからという理由でやりたい仕事をあきらめてしまうとしたら、とてももったいないことです。

 

 私は以前、医療業界で専門的な国家資格を生かした仕事をしていた経験があります。医療関係のお仕事はもちろん、人の役に立てるとてもやりがいのある仕事で満足していたのですが、その分責任も大きいものです。症例検討会や書類作成などで終電ぎりぎり、あるいは終電を逃して泊り込みになる生活に心身ともに疲れ果てて、数年前に転職をしました。

 

 多少の経済的な蓄えもあったので、興味のあるアロマセラピーの勉強をして資格を取り、数ヵ月後にはサロンで働き始めました。医療現場での経験が幸いして、人の体に関する知識は豊富だったので、新たなやりがいを得て数年働かせていただきましたが、ある日会社の倒産によりお店が無くなってしまいました。その経験から、以前取得した国家資格のありがたみを実感し、再び医療業界で働いてみようと決意しました。

 

 しかしいざ再び転職活動を始めてみると、そのブランクが原因で自信が持てず、面接でも落ち着きを欠いたため5箇所連続で面接を通過できませんでした。とてもショックでしたが、アロマ業界でのお仕事もキャリアのブランクではなく、そこから得たものを評価してくれる職場を探そうと視点を変えてみたのが成功の秘訣でした。その結果、今は最先端のメディカルアロマに取り組む病院で、以前よりよい待遇で働かせていただいています。

 

 転職の際には、経験がないからとやりたい仕事への応募をあきらめないで、これまでの経験をその仕事にどう生かせるのかをアピールしてみてくださいね。それを評価してくれる職場が必ずあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ