複数社同時に転職活動を進める際の注意

複数社同時に転職活動を進める際の注意

一社ずつ受けるのは効率が悪い

 転職活動を進めている人の中には一社ずつ受けて、結果が出るたび次の会社を探すという人もいます。しかし、そのやり方では転職先が決まるのに長い時間がかかってしまいます。転職を決意しているのであれば、早めに勤務先を変えたほうが気持ち的にも楽でしょうから、同時進行で転職を進めるべきです。

 

途中で採用が決まったら

 複数社同時進行の場合は、どこかの会社へ採用が決まったときに、他の会社の選考は途中で辞退することになります。辞退したからといって法的に問題があるわけではありませんが、道義的な問題はあります。おそらく似たような業界の中で複数社を受けることになるでしょうから、後々の付き合いのことも考えて、早めに丁寧に辞退の連絡を入れるべきです。

 

面接で他社の応募状況を聞かれたら

 面接官から直接、他社の応募状況を聞かれることもあります。その場合は、志望度の高さに応じて対応を変えましょう。第一志望であれば、素直に応募状況を答えて構いません。ですが、第二志望以下ならば、どんな業界のどんな職種を中心に受けているかを答えるにとどめましょう。面接官から志望度の高さを疑われないようにするのが大切です。

ホーム RSS購読 サイトマップ