いままでの仕事の経験を活かす転職について

いままでの仕事の経験を活かす転職について

前職の知識を生かす転職について

 転職をするということは、何かしらのキャリアが身についているということを意味します。大学を卒業してすぐの場合には逆に何のキャリアもないわけですから、イチから企業側が愛社精神であったり、中途入社の人では培われない部分を教えるということができます。それに対して、転職の中途入社の方の場合にはある程度の社会的な知識やスキルは身についている状態を期待されます。つまりは、名刺の受け渡しの方法などは、仕事の中で身についているわけです。そして同時に前職で関わっていた業界に対する知識や見識なども期待されています。

 

機密情報以外は活用できます

 当然のことですが、仕事上で知りえたことをそのまま他の会社で使うことはできません。いわゆる守秘義務は、退社後にも一生涯ついてきます。使ってしまうと、以前勤めていた企業から訴えられる可能性もありますから注意しましょう。逆に個人情報や機密情報などの社外秘の情報以外であれば充分に転職後の企業で発揮できます。ですから、面接などで業界知識などを問われることがあると思いますが、そういうときには今までの知識や経験をフル活用して受け答えをすることによって、転職を成功に導くきっかけにすることができます。

ホーム RSS購読 サイトマップ